Schlagwort-Archive: Travel

オクトーバーフェスト

オクトーバーフェストをご存知ですか?

Gastautor: Shiho 著作家

近年日本でもいくつかの大都市で開催されていてご存知の方も多いかと思います。

ビールを飲んで、ソーセージを食べるお祭りと思ってる方も多いでしょう。それは大体あっています。

しかし、多くの方が勘違いしているであろう事は、近年オクトーバーフェストの期間の殆どは9月という事です。毎年9月中頃から10月の始めで、今年の2019年は9月21日から10月6日まででした。(10月の第一日曜日までとなっている為、2020年は9月19日から10月4日まで)

元々は1810年10月17日に行われたバイエルン王国の王太子ルートヴィヒとテレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンの結婚パーティーが発祥と言われています。

しかし、この時期ドイツでは雨が多く中止になることも多かった為、次第に9月の気候が良いときに開催されるようになったそうです。

その為、殆どが9月の開催だったとしてもオクトーバーフェスト(10月のお祭り)なんです。

このオクトーバーフェスト、元々がバイエルン王国(現在のミュンヘン辺り)が、期限なだけあり本拠地とも言えるのはミュンヘンです。

なので数年前までミュンヘン以外の都市では全く関係のないお祭りでした。ですが、近年ミュンヘン以外でもオクトーバーフェストを開催する都市が増えており、旅行者や遠方地在住者にとっても親しみ易いお祭りになってきました。

大きな会場では予約制で入場料を取るところもありますが、小さな会場では予約もいらず入場料も不用な所もあります。

もし、オクトーバーフェストの季節にドイツに来る事があれば是非調べてみて下さい。例え小さな会場だったとしても沢山の地元民がビールを呑み、踊り、楽しそうにしている所を見るのはとても興味深いものです。

もし余裕があるのなら是非、バイエルン地方の伝統衣装を来て参加してみましょう。男性ならレーダーホーゼン(Lederhose)にチェックのシャツ、女性ならディルンドル(Dirndl)です。ドイツのデパートだけでなくC&Aでもオクトーバーフェストのちょっと前から、伝統衣装を売り始めます。特にC&Aは安いので50€(現在のレートで6000円)程で買う事が出来ます。

日本でも外国の方がお着物を着て下さってたら嬉しいですよね。ドイツの方も話しかけ易いようで陽気に話しかけてくれますよ。

だけどお酒の飲みすぎにはご注意下さい。ビールは小さいサイズで500ml、大きいサイズで1リットル。楽しいとついつい飲みすぎてしまう方も多いようです。

勿論、時間とお金とタイミングがあえば是非本場ミュンヘンで参加してみて下さい。ホテルは何処も軒並み高くなってしまいますが、宿泊用テントが貸出(テントは業者が設置)されていて、テント泊という事もできますし、大きな都市からはオクトーバーフェスト列車も出ていて、乗車した瞬間から周りは飲んで歌ってのパーティが始まります。是非、思い思いのやり方でオクトーバーフェストを愉しんでみて下さい。

写真はハンブルクのデパート屋上で開催されていたオクトーバーフェスト。

Gastautor: Shiho 著作家

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Essen, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Neuigkeiten, News, Reisen, Tipps, Tradition, 旅行, 伝統

ベルリンで一番安全でリラックスできる場所

Reichstag Berlin-Mitte Kuppel Innenansicht
Gastautor: Kaoru 著作家

ベルリンで一番リラックスできる場所、それは人ぞれぞれ違うでしょう。ティアガルテンやシャロッテンブルグの森を挙げる人もいると思います。もちろん私も緑の中での散歩は大好物で、そのために毎年ドイツまで出かけているとも言えます。

では、ベルリンで一番安全で、だからこそリラックスできる場所はどこかと尋ねられたら、私はライヒスターク(国会議事堂)と、その屋上にあるレストラン“ケーファー”だと答えたいと思います。

ライヒスターク(国会議事堂)はインターネットで事前予約するか、ライヒスターク(国会議事堂)近くの予約事務所(?)で申し込むと見学することができます。もちろん無料です。確か朝8時頃から深夜0時頃まで見学可能だったと思います。見学できるのは、重厚な建物の上にある現代的なガラス張りのドームです。

Reichstag Berlin-Mitte Aussenansicht

国会議事堂という性格上、パスポートの提示が求められたり、飛行機に搭乗する前と同じかそれ以上のセキュリティチェックを受けたりします。ライヒスタークの斜め前に小さなプレハブ小屋のような建物があり、その中で厳重なチェックが行われています。保安検査員もかなりの数が配置されています。多くの手間や人件費をかけてでも、この建物を一般公開する意味があり、そのことを多くの人が知っているのだと感じました。その証拠に世界中から多くの観光客が訪れています。オーディオガイドも準備されていましたが、残念ながら日本語のものはありませんでした。安心と安全が確保されているからこそリラックスできる場所。ライヒスタークを訪れたのは2回目ですが、何度でも訪れたくなる場所です。目が合えば誰にでも気軽にスマホを渡し、写真を撮ってほしいとお願いできるのです。

Reichstag Berlin-Mitte Kippei Aussenansichtガラス張りのドームから屋外に出ると、そこには高級食料品店として知られるレストラン“ケーファー”があります。ちなみに、“ケーファー”を予約すると自動的にライヒスタークの予約もできて一石二鳥、お得感があります。

 

Reichstag Berlin-Mitte Käfer Café Innenansichtこの日、“ケーファー”は朝9時からほぼ満席だったため、予約をしていなかった私たちは“食事ではなくお茶だけ”という条件で入店することができました。テラスからはベルリンの街が一望できるのですが、ドイツ人は太陽が大好きで、屋外の席から埋まっていくためテラスはすでに満席でした。ケーファー(てんとう虫)はドイツではラッキーアイテムであることや、新鮮な食品にとまることからケーファーのシンボルマークとなっているそうです。いただいたケーキもコーヒーも絶品でした。今度はぜひ朝食を試してみたいと思っています。もちろんテラスで。

 

Gastautor: Kaoru 著作家

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, ヒストリー, Essen, 食べ物, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Reisen, Tipps, 旅行

お城の庭でのイースターエッグハント

ドイツのミュンスターの町に暮らし始めて約1 か月が経ちました。

Gastautor: Miki 著作家

4 月5 日から4 月8 日はイースター(ドイツではオースティン)です。

ドイツでは祝日になり、学校や会社、お店などもお休みになります。

イースターについて調べてみると、キリストの復活をお祝いする行事だそうです。

イースターの祝日3 日目は、復活祭です。復活祭の日は家族で過ごす大切な祝日となり、豪華な食事を家族みんなで食べながらゆっくりと過ごします。

イースターに馴染みがない私ですが…、少しだけ現地のイベントに参加してきました。

Die große Ostereiersuche im Schlossgarten(お城の庭でのイースターエッグハント)エッグハントとは…

  • イースターエッグハントの案内

  • 日時:4 月22 日 11 時から14 時まで
  • 場所:シュロスガーデン
  • 入場は無料、予約はなし。
    自由に参加できる。

    11000 個の卵とお菓子を隠しているので探してみよう!

イースターの復活祭の日にする行事の一つで卵探しの事です。

復活祭の前日にイースターのうさぎは、卵を運んできて、家の中や庭に卵を隠していくと 言われています。それを家族みんなで探します。

なぜうさぎなのか…うさぎはたくさんの子供を産むので、おめでたいイメージ、 卵は新しい命を表しているようです. さっそく、実際のエッグハントについて説明します。

・シュロスガーデンに行くと、人の多さに驚きました。

・子供連れの家族が多く、カラフルな卵を手に持っていたり、かごにたくさんの卵を入れて抱えていま した。卵をその場で食べている人も…。その時、気づいたのですが、卵はゆで卵なのです。実際に食べられることにびっくりしました。

・シュロスガーデンは、とても広く、大きな池があり、周りにたくさんの花が咲いていました。チューリップやスイセン、リンゴの木の花や藤の花が咲いて、すごくきれいです。

・広い庭の中にはゆっくり散歩している人もいれば、木の枝や棒で草木をかき分けて、卵探しをしている人 もいます。私も、一緒に卵を探してみたのですが、なかなか、見つかりませんでした。

・実は…私が、シュロスガーデンに行ったのは、12 時頃でした。どうやら12 時には、既にみんなが卵を見つけてしまった後だったようです。11000 個も隠されていたのに残念でした。ゆで卵食べてみたかったな…。

Gastautor: Miki 著作家

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Reisen, Tipps, Tradition, Untermenü1, 旅行

テレビ塔の回転レストラン

テレビ塔の回転レストラン in Berlin

テレビ塔アレキサンダープラッツ駅を降りてすぐのアレキサンダープラッツにある、お団子を串刺しにしたような形の現役の電波塔です。ドイツで最も高い建造物であり、ベルリンのランドマークでもあるこのテレビ塔が人気観光スポットであることは知っていましたが、実はあまり期待していなかった私たち。

Weiterlesen

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Essen, 食べ物, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Ratgeber, Reisen, Tipps, Untermenü1, 旅行

落雁

Holzform für Rakugan.

竹鶴饅頭本舗の落雁

それは砂漠の砂のようにカラカラに乾燥しています。

竹鶴饅頭本舗では再び落雁の時期を迎えています。砂糖と落雁粉(餅米を煎ったもの)からできている落雁はスーパードライです。そしてそれは固まって日持ちするものになっています。「なぜ落雁の製作が7月と8月の間なのか」という私の質問に対して、ヨシオカ ケンイチさんは次のように答えてくれました。「私は毎年7月から8月の初めに落雁を作ります。なぜその時期なのかというと、理由はたった一つ、私たちにとっては伝統なんです。だいたいこの時期には梅雨が明け、湿度が下がります。落雁粉と砂糖からできている落雁にとって、湿度は大敵です。天気が良く乾燥していれば乾燥しているほど、落雁を乾燥させるプロセスは短くてすむのです。」
落雁はここ日本では、干菓子の大切な伝統的なお菓子の一つです。その製作の伝統は歴史が長く、変わらないままだし、材料も同じです。ただ、その材料の質においてのみ大きな差があり、落雁粉には値段の幅があります。だから質の異なる落雁製品がたくさんあります。安い落雁は砂糖のみ、または安い落雁粉を使っています。和菓子屋の手作りの落雁は質の良い落雁粉を多く使っているため、値段が高くなります。すでに言ったように、落雁はカラカラに乾燥していて、ほんの少しの湿気も含んでいません。形を作るときには、落雁の木型に手で加減しながら入れて固めます。だから、口に入れるとほどなく溶けます。落雁と、平凡な角砂糖を口の中に入れたときの感覚とを比べることは、誤りだし公平ではありません。なぜかというと、まず第一に、落雁を作るための砂糖は粉砂糖の舌触りに似ているし、かなりの量の落雁粉が含まれているからです。そして第二に、原料の選定から製品が出来上がるまでに膨大な努力がなされているからです。
さて、いったい落雁はどんな味なのでしょう?私は毎回新たに、食べた時に口の中に現れるパサパサした乾燥の感覚に驚きます。だから私はいつも日本の習慣に従って、落雁に合わせて緑茶を飲みます。落雁と緑茶の両方を一緒に楽しむことは、特別な味覚の経験です。日本人ではない人にとって、初めて食べるときに期待したようなアハ体験(美味しい!)は来ないかもしれません。しかし、そのアハ体験が来なかったとしても、またいつか落雁を試してみることを諦めないでください。というのは、この和菓子は本当に素晴らしいものだからです。

Übersetzer: Okubo 著作家

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter Essen, 食べ物, Hauptmenü, Informativ, Japan, Süßigkeiten, Tradition, 和菓子, 日本, 伝統

日本のスナック

日本のスナック

記事のドイツ語の版ここです。

ドイツ人にとってのミューズリーバーやロードオーツクッキー、ライ麦で作られた黒パンのような健康によいスナックは、言うなれば日本人にとっての、乾燥させたタコの足や、丸ごと一匹のイカ、その他乾燥させたり、つき刺したり、束ねたりした小魚のようなものだ。

時折、(乾燥されて)長持ちさせられることになった海の生き物の複数の目が、彼らが入れられた袋の中から感じの悪い、とがめるような目でこちらをじっと見つめている。

小魚はその大きさに応じて袋に詰めこまれる。

だから、そこにはこちらを絶え間なく観察するとても多くの目がある。

たいていの海のスナックは、硬くて、しなやかで丈夫なので、歯や咀嚼するための筋肉にとってはよいものだと言えるだろう。

それらは素早く簡単に食べられるスナックではない。実際、1本のタコの足を食べ終わるまでにはそこそこ時間がかかる。

これらの製品には、もちろんカルシウムのようなミネラルが豊富に含まれている。

小魚はある一定の大きさから、ヒレや内臓も全てのそのままで1つの製品になっている。 „小魚丸ごと一匹が1つのスナックなのだ“

注目に値するのは、魚の嫌な味や香りがしないということだ。

全ての製品は、それぞれまろやかで食べやすい味だ。そして、いつものように日本料理は全てかなり薄い塩味になっている。これらは急にお腹が空いたときにも、太らないためにも、そして健康的に栄養補給するためにもぴったりのものだ。

しかし、それにも関わらず、私はそれらのスナックの横に手を伸ばし、ドイツの サラミである„BIFI“の日本版を買ってしまう。

主な商品はこちら

○焼いたウルメイワシ

○乾燥させてカットしたイカ

○アーモンドと小さな乾燥イワシ

○乾燥させてカットしたイカにコショウがまぶされたもの

○ビーフジャーキー

○丸ごと乾燥させた小さなイカ

○皮が付いたまま乾燥させた北海道のサケ

Übersetzer: Okubo 著作家

Ein Kommentar

Eingeordnet unter スナック, Essen, 食べ物, Hauptmenü, Informativ, Japan, 日本

Sakura Mochi im Frühjahr!

Zum Frühling und zur Kirschblüte gehören Sakura Mochi!

Frühling in Japan!

Ungefähr ab Mitte Februar fangen die Pflaumenbäume an zu blühen. Sie sind die Ersten. Jetzt, Anfang März, ist der Höhepunkt der Pflaumenblüte bereits überschritten. Noch zwei, drei stürmische Tage und die Pracht ist verschwunden. Aber nach den Pflaumen blühen die Kirschbäume, welche das eigentliche Ereignis des Frühjahrs ist. Ungefähr heute in 2 Wochen werden die Zierkirschen in voller Blüte stehen und die Japaner feiernd darunter sitzend. Hier liebt man es zur Kirschblüte mit der Familie, Freunden oder Kollegen unter freiem Himmel zu essen und zu trinken. An schönen Märztagen, wenn die Temperatur auf über 18 ° Celsius steigt, findet man Gelegenheit dazu.

confectionery

桜餅

Weiterlesen

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter Essen, Hauptmenü, Informativ, Japan, Süßigkeiten, Tradition, 和菓子, 日本

井野山

Winterspaziergang zum Gipfel des Ino Berg.

昨夜からすっと雪を降り続けた!今日は宇美町の低山“井野山“に登りました。井野山は標高236mrで子供から大人まで登りやすい山です。
登山口から山頂まで舗装された道が続きます。
山頂直前には151段の階段があるけど、上りやすい階段でした。山には昨夜からの雪が残っていました。登っている間は雪はチラチラだけど、歩いていると体は暑くて汗かいていました。

Weiterlesen

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter 自然, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Japan, Natur, Untermenü1, 日本, 人々

リューベナウ

ガイドブックに載っていない町 リューベナウ

ドイツの柳川に行ってみた

リューベナウはベルリンから電車で1時間半ほどの距離にあり、運河と森に囲まれた美しい町です。日本人にはあまりなじみのないこの小さな町は、ドイツではよく知られた観光地で、ユネスコの生物圏保護区にも指定されています。観光の目玉は小舟での運河巡り、特産品はキュウリ。私たちはこの二つの情報だけを頼りにリューベナウへ向かいました。

 

Weiterlesen

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Essen, 自然, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Natur, Reisen, Tipps, Tradition

Yabure Manjū

やぶれまんじゅう Gescheckte Manjū
Wenn man das Wort Yabureru wörtlich übersetzt, bedeutet es eigentlich zerreißen. Zerrissen sind die Manjū aber nicht, sondern nur die äußere Teighülle. Bei dieser Variante des Manjū umschließt nur eine hauchdünne Teighülle die Füllung aus Azukibohnen Paste. Beim Dämpfen wird die Hülle löchrig, sie zerreißt, und die dunkle Füllung kommt zum Vorschein. Man könnte auch sagen die kleinen Klöße sind schwarz-weiß gescheckt.

Weiterlesen

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter Essen, Informativ, Japan, Ratgeber, Süßigkeiten, Tradition, 日本