Schlagwort-Archive: Hauptmenü

聖ニコラウスの日

Stutenkerl

Gastautor Kubo

聖ニコラウスの日

126日はドイツでは聖ニコラウスの日で、もう一つのクリスマスのような大切な日です。

Nikolaus

ドイツでは、プレゼントをもらえるのは本来この日で、朝起きると、枕元ではなく、靴また靴下にお菓子が入っている。5日の夜に、靴をきれいに磨いてかる、または大きな靴下を用意してから眠りにつくのが習わし。

聖ニコラウスは、4世紀ころ実位した人物。とても慈悲深い司祭(カトリック教会の聖職のひとつ)で街の人々に慕われていたらしい。家計に苦しむ姉妹の様子を知ってたニコラウスは、その家の煙突にお金の入った袋を投げ入れたら、暖炉横にあった靴(靴下)に入った。というのが起源。ニコラウスは金色の本を持ち歩いており、子供の1年の行いが記されている。そして彼には付き人がおり、もし子供がいい子にしてなかったら、鞭でお尻をたたいて、袋に詰めて連れて行ってしまう、と伝えられているそうだ。

Der Nikolaustag am 6. Dezember.

Am sechsten Dezember ist in Deutschland Nikolaustag. Für die Kinder ist dieser Tag  besonders schön, weil der Nikolaus da war. 

Am Abend  davor, am fünften Dezember, stellen die Kinder ihre geputzten Stiefel vor die Wohnungstür. In der Nacht kommt dann der Nikolaus und füllt diese mit Süßigkeiten, Gebäck, Äpfeln, Mandarinen und Nüssen. 

Der Nikolaus hat einen roten Mantel an, einen großen Hut mit einem goldenen Kreuz und einen langen weißen Bart. Er trägt auch ein großes, goldenes Buch mit sich. Darin steht, ob die Kinder artig oder böse waren. Wenn sie artig waren, bekommen sie Süßigkeiten und einen Stutenkerl (süßes Gebäck). Wenn sie böse waren, wird er ihnen mit dem Gehilfen drohen.

der Stiefel, die Stiefel   長靴、ブーツ

die Nuss, die Nüsse      木の実

das Kreuz, die Kreuze  十字架

artig                                おとなしい、行儀の良い、お利口さn

böse                               悪い、人を困らす

der Stutenkerl                干しぶどう入りの大きな白いパン

der Gehilfe                      助手

drohen                            おどかす

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Tradition, 伝統

オクトーバーフェスト

オクトーバーフェストをご存知ですか?

Gastautor: Shiho 著作家

近年日本でもいくつかの大都市で開催されていてご存知の方も多いかと思います。

ビールを飲んで、ソーセージを食べるお祭りと思ってる方も多いでしょう。それは大体あっています。

しかし、多くの方が勘違いしているであろう事は、近年オクトーバーフェストの期間の殆どは9月という事です。毎年9月中頃から10月の始めで、今年の2019年は9月21日から10月6日まででした。(10月の第一日曜日までとなっている為、2020年は9月19日から10月4日まで)

元々は1810年10月17日に行われたバイエルン王国の王太子ルートヴィヒとテレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンの結婚パーティーが発祥と言われています。

しかし、この時期ドイツでは雨が多く中止になることも多かった為、次第に9月の気候が良いときに開催されるようになったそうです。

その為、殆どが9月の開催だったとしてもオクトーバーフェスト(10月のお祭り)なんです。

このオクトーバーフェスト、元々がバイエルン王国(現在のミュンヘン辺り)が、期限なだけあり本拠地とも言えるのはミュンヘンです。

なので数年前までミュンヘン以外の都市では全く関係のないお祭りでした。ですが、近年ミュンヘン以外でもオクトーバーフェストを開催する都市が増えており、旅行者や遠方地在住者にとっても親しみ易いお祭りになってきました。

大きな会場では予約制で入場料を取るところもありますが、小さな会場では予約もいらず入場料も不用な所もあります。

もし、オクトーバーフェストの季節にドイツに来る事があれば是非調べてみて下さい。例え小さな会場だったとしても沢山の地元民がビールを呑み、踊り、楽しそうにしている所を見るのはとても興味深いものです。

もし余裕があるのなら是非、バイエルン地方の伝統衣装を来て参加してみましょう。男性ならレーダーホーゼン(Lederhose)にチェックのシャツ、女性ならディルンドル(Dirndl)です。ドイツのデパートだけでなくC&Aでもオクトーバーフェストのちょっと前から、伝統衣装を売り始めます。特にC&Aは安いので50€(現在のレートで6000円)程で買う事が出来ます。

日本でも外国の方がお着物を着て下さってたら嬉しいですよね。ドイツの方も話しかけ易いようで陽気に話しかけてくれますよ。

だけどお酒の飲みすぎにはご注意下さい。ビールは小さいサイズで500ml、大きいサイズで1リットル。楽しいとついつい飲みすぎてしまう方も多いようです。

勿論、時間とお金とタイミングがあえば是非本場ミュンヘンで参加してみて下さい。ホテルは何処も軒並み高くなってしまいますが、宿泊用テントが貸出(テントは業者が設置)されていて、テント泊という事もできますし、大きな都市からはオクトーバーフェスト列車も出ていて、乗車した瞬間から周りは飲んで歌ってのパーティが始まります。是非、思い思いのやり方でオクトーバーフェストを愉しんでみて下さい。

写真はハンブルクのデパート屋上で開催されていたオクトーバーフェスト。

Gastautor: Shiho 著作家

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Essen, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Neuigkeiten, News, Reisen, Tipps, Tradition, 旅行, 伝統

ベルリンで一番安全でリラックスできる場所

Reichstag Berlin-Mitte Kuppel Innenansicht
Gastautor: Kaoru 著作家

ベルリンで一番リラックスできる場所、それは人ぞれぞれ違うでしょう。ティアガルテンやシャロッテンブルグの森を挙げる人もいると思います。もちろん私も緑の中での散歩は大好物で、そのために毎年ドイツまで出かけているとも言えます。

では、ベルリンで一番安全で、だからこそリラックスできる場所はどこかと尋ねられたら、私はライヒスターク(国会議事堂)と、その屋上にあるレストラン“ケーファー”だと答えたいと思います。

ライヒスターク(国会議事堂)はインターネットで事前予約するか、ライヒスターク(国会議事堂)近くの予約事務所(?)で申し込むと見学することができます。もちろん無料です。確か朝8時頃から深夜0時頃まで見学可能だったと思います。見学できるのは、重厚な建物の上にある現代的なガラス張りのドームです。

Reichstag Berlin-Mitte Aussenansicht

国会議事堂という性格上、パスポートの提示が求められたり、飛行機に搭乗する前と同じかそれ以上のセキュリティチェックを受けたりします。ライヒスタークの斜め前に小さなプレハブ小屋のような建物があり、その中で厳重なチェックが行われています。保安検査員もかなりの数が配置されています。多くの手間や人件費をかけてでも、この建物を一般公開する意味があり、そのことを多くの人が知っているのだと感じました。その証拠に世界中から多くの観光客が訪れています。オーディオガイドも準備されていましたが、残念ながら日本語のものはありませんでした。安心と安全が確保されているからこそリラックスできる場所。ライヒスタークを訪れたのは2回目ですが、何度でも訪れたくなる場所です。目が合えば誰にでも気軽にスマホを渡し、写真を撮ってほしいとお願いできるのです。

Reichstag Berlin-Mitte Kippei Aussenansichtガラス張りのドームから屋外に出ると、そこには高級食料品店として知られるレストラン“ケーファー”があります。ちなみに、“ケーファー”を予約すると自動的にライヒスタークの予約もできて一石二鳥、お得感があります。

 

Reichstag Berlin-Mitte Käfer Café Innenansichtこの日、“ケーファー”は朝9時からほぼ満席だったため、予約をしていなかった私たちは“食事ではなくお茶だけ”という条件で入店することができました。テラスからはベルリンの街が一望できるのですが、ドイツ人は太陽が大好きで、屋外の席から埋まっていくためテラスはすでに満席でした。ケーファー(てんとう虫)はドイツではラッキーアイテムであることや、新鮮な食品にとまることからケーファーのシンボルマークとなっているそうです。いただいたケーキもコーヒーも絶品でした。今度はぜひ朝食を試してみたいと思っています。もちろんテラスで。

 

Gastautor: Kaoru 著作家

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, ヒストリー, Essen, 食べ物, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Reisen, Tipps, 旅行

テレビ塔の回転レストラン

テレビ塔の回転レストラン in Berlin

テレビ塔アレキサンダープラッツ駅を降りてすぐのアレキサンダープラッツにある、お団子を串刺しにしたような形の現役の電波塔です。ドイツで最も高い建造物であり、ベルリンのランドマークでもあるこのテレビ塔が人気観光スポットであることは知っていましたが、実はあまり期待していなかった私たち。

Weiterlesen

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Essen, 食べ物, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Ratgeber, Reisen, Tipps, Untermenü1, 旅行

日本のスナック

日本のスナック

記事のドイツ語の版ここです。

ドイツ人にとってのミューズリーバーやロードオーツクッキー、ライ麦で作られた黒パンのような健康によいスナックは、言うなれば日本人にとっての、乾燥させたタコの足や、丸ごと一匹のイカ、その他乾燥させたり、つき刺したり、束ねたりした小魚のようなものだ。

時折、(乾燥されて)長持ちさせられることになった海の生き物の複数の目が、彼らが入れられた袋の中から感じの悪い、とがめるような目でこちらをじっと見つめている。

小魚はその大きさに応じて袋に詰めこまれる。

だから、そこにはこちらを絶え間なく観察するとても多くの目がある。

たいていの海のスナックは、硬くて、しなやかで丈夫なので、歯や咀嚼するための筋肉にとってはよいものだと言えるだろう。

それらは素早く簡単に食べられるスナックではない。実際、1本のタコの足を食べ終わるまでにはそこそこ時間がかかる。

これらの製品には、もちろんカルシウムのようなミネラルが豊富に含まれている。

小魚はある一定の大きさから、ヒレや内臓も全てのそのままで1つの製品になっている。 „小魚丸ごと一匹が1つのスナックなのだ“

注目に値するのは、魚の嫌な味や香りがしないということだ。

全ての製品は、それぞれまろやかで食べやすい味だ。そして、いつものように日本料理は全てかなり薄い塩味になっている。これらは急にお腹が空いたときにも、太らないためにも、そして健康的に栄養補給するためにもぴったりのものだ。

しかし、それにも関わらず、私はそれらのスナックの横に手を伸ばし、ドイツの サラミである„BIFI“の日本版を買ってしまう。

主な商品はこちら

○焼いたウルメイワシ

○乾燥させてカットしたイカ

○アーモンドと小さな乾燥イワシ

○乾燥させてカットしたイカにコショウがまぶされたもの

○ビーフジャーキー

○丸ごと乾燥させた小さなイカ

○皮が付いたまま乾燥させた北海道のサケ

Übersetzer: Okubo 著作家

Ein Kommentar

Eingeordnet unter スナック, Essen, 食べ物, Hauptmenü, Informativ, Japan, 日本

Sakura Mochi im Frühjahr!

Zum Frühling und zur Kirschblüte gehören Sakura Mochi!

Frühling in Japan!

Ungefähr ab Mitte Februar fangen die Pflaumenbäume an zu blühen. Sie sind die Ersten. Jetzt, Anfang März, ist der Höhepunkt der Pflaumenblüte bereits überschritten. Noch zwei, drei stürmische Tage und die Pracht ist verschwunden. Aber nach den Pflaumen blühen die Kirschbäume, welche das eigentliche Ereignis des Frühjahrs ist. Ungefähr heute in 2 Wochen werden die Zierkirschen in voller Blüte stehen und die Japaner feiernd darunter sitzend. Hier liebt man es zur Kirschblüte mit der Familie, Freunden oder Kollegen unter freiem Himmel zu essen und zu trinken. An schönen Märztagen, wenn die Temperatur auf über 18 ° Celsius steigt, findet man Gelegenheit dazu.

confectionery

桜餅

Weiterlesen

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter Essen, Hauptmenü, Informativ, Japan, Süßigkeiten, Tradition, 和菓子, 日本

ドイツ古都3都市カレンダー

 

 

Kalender der Galerie Kunstlandschaften

  • ドイツの文化に親しまれる方に

  • ドイツ旅行の思い出に

  • これからドイツに旅行される方に プレゼントに

Der Kunstkalender 2018 der Galerie Kunstlandschaften auf Japanisch ist da! Mit Werken von Roland Gräfe (Bilder von Dresden) , Claudia Meinicke (Bilder von Leipzig) und Eveline Köhler (Bilder von Halle/Saale).

Mann kann den Kalender bei: Takeshi Kurihara, EIKO Co., Ltd. unter der E-Mail Adresse: info@eiko-co.com bestellen.


Die Galerie Kunstlandschaften in Halle/ Saale.

Hinterlasse einen Kommentar

Dezember 6, 2017 · 7:11 am

Bunzlauer Keramik

ポーリッシュポタリー のお店にて

今、日本ではポーリッシュポタリー(ポーランド陶器)が人気ですよね。洒落た雑貨屋さんやデパートだけでなく、通販でも取り扱われるようになりました。コロン、ぽてっ、とした丸みのあるフォルムや、職人さんによってひとつひとつ絵付けされた可愛らしい絵柄のポーリッシュポタリー。ハンドメイドならではの素朴で、温かみのある、普段使いの陶器です。

Weiterlesen

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Kunst, Ratgeber, Tradition, Untermenü1, 伝統

見捨てられたジャガイモ

 Kartoffeln stoppeln ジャガイモ拾い人は良いものだけを得ようとする。
ジャガイモもそうだ。秋空の下。収穫時、残されてしまった少しだけ形の悪いジャガイモ達に人々が集まる。
昔からヨーロッパの人々は、そんなジャガイモ達を拾うのが好きだ。収穫というイベントにエントリーされたものの、見事にダメ出しを受け、見捨てられた存在。かわいそうでもあり、可愛くもあるゴロゴロした彼ら

 

Stoppeln は通常の収穫のあとの二番収穫、二番刈り。Stoppelfeld は刈り入れの終わった畑か田

Weiterlesen

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Essen, 自然, Geschichte, Hauptmenü, Informativ, Natur, Ratgeber, Tradition, Untermenü1

ベルリン旅最後のコーヒー

今回のベルリン旅最後のコーヒーはあるチョコレート専門店に併設されているカフェでいただくことにした。ドイツの飲み物といえばビール!と言いたいところだけど、ドイツ人はコーヒーも大好きでヨーロッパの中でもコーヒー消費量の多い国だと聞いたことがあった。ということは、カフェやコーヒーに合うスイーツも充実してるということだ。だから、今回私はビールやソーセージを食べるのと同じくらい、カフェに行くことを楽しみにしていた。

Weiterlesen

Ein Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Essen, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Ratgeber, Reisen, Tipps, Süßigkeiten, Tradition, 旅行, 伝統