Archiv der Kategorie: Informativ

Umami Japan

Markthalle

Gastautor: Tomoko 著作家

マルクトハレノインMarkthalle Neun=市場No.9は、ベルリンのクロイツベルクという場所にあり、かつては、古い食品市場だった場所を、ドイツ人の有志が、地域住民の協力を得て、 2009年頃から、食品に関わる様々な試みを行いながら再生した場所です。

(日本でいうところのシャッター街を若者たちが知恵をだしあって、再活性化した場所です

マルクトハレノインでは、「人と環境にやさしい」をテーマに、食品に関するものの販売や、イベントを行っています。そのため、有機栽培のものや、添加物や農薬があまり使われていないもの、包装にプラスチックがあまり使われてないもの、というのが販売の条件になっています。(販売の前に審査があります)毎週土曜日が市場の開催ですが、来場者数は、平均4000人で、特別なイベントがある場合には、13000人ほどになります。

私達Umami Japanは、ここで、「米・酒・味噌・わさび」など、日本の食材を販売しています

ここドイツでも、和食は、とてもブームで、柚子製品なども大人気です。また、金曜日の夕方に、日本酒試飲会なども行っています。

Umami Japan

Gastautor: Tomoko 著作家

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Essen, 食べ物, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Neuigkeiten, News, reblogg, Reisen, Tipps, 旅行, 人々

お城の庭でのイースターエッグハント

ドイツのミュンスターの町に暮らし始めて約1 か月が経ちました。

Gastautor: Miki 著作家

4 月5 日から4 月8 日はイースター(ドイツではオースティン)です。

ドイツでは祝日になり、学校や会社、お店などもお休みになります。

イースターについて調べてみると、キリストの復活をお祝いする行事だそうです。

イースターの祝日3 日目は、復活祭です。復活祭の日は家族で過ごす大切な祝日となり、豪華な食事を家族みんなで食べながらゆっくりと過ごします。

イースターに馴染みがない私ですが…、少しだけ現地のイベントに参加してきました。

Die große Ostereiersuche im Schlossgarten(お城の庭でのイースターエッグハント)エッグハントとは…

  • イースターエッグハントの案内

  • 日時:4 月22 日 11 時から14 時まで
  • 場所:シュロスガーデン
  • 入場は無料、予約はなし。
    自由に参加できる。

    11000 個の卵とお菓子を隠しているので探してみよう!

イースターの復活祭の日にする行事の一つで卵探しの事です。

復活祭の前日にイースターのうさぎは、卵を運んできて、家の中や庭に卵を隠していくと 言われています。それを家族みんなで探します。

なぜうさぎなのか…うさぎはたくさんの子供を産むので、おめでたいイメージ、 卵は新しい命を表しているようです. さっそく、実際のエッグハントについて説明します。

・シュロスガーデンに行くと、人の多さに驚きました。

・子供連れの家族が多く、カラフルな卵を手に持っていたり、かごにたくさんの卵を入れて抱えていま した。卵をその場で食べている人も…。その時、気づいたのですが、卵はゆで卵なのです。実際に食べられることにびっくりしました。

・シュロスガーデンは、とても広く、大きな池があり、周りにたくさんの花が咲いていました。チューリップやスイセン、リンゴの木の花や藤の花が咲いて、すごくきれいです。

・広い庭の中にはゆっくり散歩している人もいれば、木の枝や棒で草木をかき分けて、卵探しをしている人 もいます。私も、一緒に卵を探してみたのですが、なかなか、見つかりませんでした。

・実は…私が、シュロスガーデンに行ったのは、12 時頃でした。どうやら12 時には、既にみんなが卵を見つけてしまった後だったようです。11000 個も隠されていたのに残念でした。ゆで卵食べてみたかったな…。

Gastautor: Miki 著作家

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Reisen, Tipps, Tradition, Untermenü1, 旅行

ドイツでの生活

ドイツでの生活 Leben in Deutschland

Lebensmittel und Preise

Gastautor: Masako 著作家

ドイツでの生活は日本の生活と比較してもそれほど変わりはありません。

しかし、野菜や果物はむしろ日本より安く手に入ります。例えばじゃがいもは1㎏で1ユーロほど、みかんやりんごも1㎏で1,5ユーロしません。他の野菜や果物も同じように安く、私が一番驚いたのが、日本と同じぐらいのサイズのパックに入ったイチゴが2ユーロしなかったことです。日本ではイチゴは高いですよね。他にはマスカットなども1パック1,5ユーロせずに買うことができます。また乳製品も安く、私は先日500グラムのヨーグルトを33セントで購入しました。(日本で売っているブルガリアヨーグルトが400グラム)

Kartoffeln

Gemüse

Obst und Gemüse

Rosenkohl

Obst

このように食材は非常に安いので、自炊をすればドイツでの生活費はかなり節約できます。

Pfandflaschen und Leergutautomat

飲み物に関しては少し違いがあり、料金の中にペットボトルやアルミ缶の代金が含まれています。それを飲み終わった後、専用の機械に入れるとレシートのような商品券がもらえます。この商品券は次の買い物の際に使用でき、その際の合計金額から割引きされるような形になります。

Barcode auf Pfandflasche

Leergutautomat

Öffnung für Pfandflaschen

Coupon

このようにドイツのスーパーマーケットは日本と異なる点が沢山あり、見ているだけでも楽しいので、ドイツに来た際はスーパーマーケットに立ち寄ってみるのもおもしろいのではないかと思います。

Gastautor: Masako 著作家

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Essen, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Ratgeber, Untermenü1

Reiserntemaschienen

Reisfelder Wie ernten eigentlich die kleinen Reisbauern auf ihren Reisfeldern den Reis?

Viele Felder sind höchstens 3 ha und kleiner! Gehen Sie auf ihre – zur Ernte -trockengelegten Felder und Sensen mit der Hand? Nein. Das tun Sie nicht. In Japan gibt es auch Reiserntemaschienen für extrem kleine Felder. Für die immer älter werdenden japanischen Landwirte ist das eine enorme Erleichterung ihrer Arbeit. Die Reisbauern mit denen ich gesprochen habe, sagten mir, dass Sie sich gegenseitig bei der Ernte helfen und ihre Maschine zur Erntezeit auch ihrem Nachbarn verleihen.

Die YANMAR GC-561 Medium Erntemaschine. Diesel.

 

Der Nachbarbauer revanchiert sich dann zum Beispiel im nächsten Frühjahr und stellt die Maschine,  mit der man automatisch Reissetzlinge setzt, zur Verfügung. Ja. Richtig gehört!  Die automatische Pflanzmaschine muss man nur noch mit den Reissetzlingen bestückten und übers Feld fahren.

Mochireisfeld ca: 3 ha

Reisfelder

Mochireis Ähren.

Reisahre

Meist sind es rein private Abstimmungen, nach dem Motto: „Du leihst mir deine Maschine, dann bekommst du meine Maschine?“

Hier wird jeder Quadratmeter genutzt. Was die heimische Landwirtschaft nicht hergibt muss teuer eingeführt werden. Selbst in den Städten kann man auf nur 1 ha große Flächen Reis stehen sehen! Zur Erinnerung die Seitenlängen eines 1 ha sind nur 100 m • 100

 

 

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter Hauptmenü, Informativ, Japan, Natur, 日本

ポーランドのSzczecinへ

列車の旅

Gastautor: Kaoru 著作家

ポーランドのSzczecin(シュチェチン)へ

ベルリンから日帰り旅が可能な、ポーランドの西にある港町Szczecinへ行ってみることにしました。まずは、ベルリン中央駅のドイツ鉄道(DB)旅行センターでBrandenburg-Berlin-Ticketを購入します。購入の際、パスポートの提示を求められたと思います。指定した日、列車でベルリンとSzczecin間の往復が可能で、最大5人まで有効、31€。かなりお得なチケットです。不正ができないように乗車前に氏名を記入しておかねばなりません。

Weiterlesen

4 Kommentare

Eingeordnet unter ドイツ, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Ratgeber, Reisen, Tipps, 旅行

テレビ塔の回転レストラン

テレビ塔の回転レストラン in Berlin

テレビ塔アレキサンダープラッツ駅を降りてすぐのアレキサンダープラッツにある、お団子を串刺しにしたような形の現役の電波塔です。ドイツで最も高い建造物であり、ベルリンのランドマークでもあるこのテレビ塔が人気観光スポットであることは知っていましたが、実はあまり期待していなかった私たち。

Weiterlesen

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Essen, 食べ物, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Ratgeber, Reisen, Tipps, Untermenü1, 旅行

Ein Haufen Steine für die Jüngsten.

Ein Haufen Steine für die Jüngsten!

Sich auf einen Gott festzulegen und zu verehren, das kommt im Shintoismus in Japan selten vor. Weil gerade die Varietät der Gottheiten an die man sich mit seinen Problemen und Wünschen wenden kann so praktisch ist. Die Japaner begehen Bräuche bei denen sie von der zuständigen Gottheit erwarten, das sie eine problemlose Geburt, die Gesundheit der Neugeborenen und ihre positive, körperliche und geistige Entwicklung begünstigen. Auch wenn die meisten Japaner meiner Meinung vehement widersprechen werden, möchte ich anmerken, dass solche Bräuche von der überwiegenden Mehrheit der jungen Japaner nicht mehr so ganz ernst genommen wird und die traditionellen Ursprünge vergessen wurden. Trotzdem ist die Begeisterung der jungen Mütter und Väter dergleichen zu begehen ungebrochen groß. Es ist natürlich wunderbar, wenn die ganze Familie zusammenkommt um für die Kleinsten die richtigen Steinchen oder Wummer zu suchen, und um sich später darüber Gedanken zu machen, was für einen Segenspruch man darauf verewigen sollte. Außerdem kann man bei der Gelegenheit tolle Bildern machen. Die dann nicht nur in der Familie für viel Gesprächsstoff sorgen. Also für alle eine famose Sache ein gutes Bild abzugeben und gute Laune zu haben!

Bei diesem Brauch geht es um Glück bringende Steine. Um die der eigenen Kinder und um die der vorher gesund geboren fremden Kinder. Diese zwei Steine sollen eine glückliche und problemlose Geburt der eigenen Sprösslinge begünstigen. Lange Rede kurzer Sinn: Kurz vor der Geburt, ungefähr im 5 Monat, bindet sich die werdende Mutter einen speziellen Bauchgürtel um und geht in Familie zu diesen speziellen Schreinen, um für eine problemlose Geburt und ein gesundes Kind bei der jeweiligen Gottheit zu bitten. Am Ende des Besuchs sucht man sich aus der Menge aufbewahrter Steinen ehemals geborener Kinder einen passenden aus, den man mit nach Hause nimmt. Es gibt Schreine in denen sich diese Steine zu grossen Haufen aufgetürmt haben. Alle diese Steine sind mit den Namen, Geburtsdatum, Gewicht bei der Geburt oder der Körpergröße von vorher geborenen Kinder beschriftet. Welcher ausgewählt wird, liegt nur noch an den Überlegungen der Eltern wie sie die Verbindung zu ihrem ungeborenen Kind herstellen. Manche suchen sich einen Stein mit dem gleichen Namen aus, andere mit dem voraussichtlich gleichen Geburtstag. Wie auch immer, der Stein von dem unbekannten Kind wird mit nach Hause genommen und sorgfältig aufbewahrt, um ihn nach der Geburt zusammen mit dem eigenen beschrifteten Stein zum Schrein zurückzubringen. Bis zur Geburt sollte man seinen eigenen runden Stein finden. Groß genug um den Namen, Gewicht, Körpergröße und Segensspruch darauf zu schreiben. Idealerweise sollte man in kleinem Familienkreis und dem Neugeborenen innerhalb des ersten Monats nach der Geburt zum Schrein gehen und sich segnen lassen. Bei dieser Gelegenheit lässt man den geborgten [Glücksbringer] Steine dort und vermehrt den Haufen um die eigenen Steine der Kinder.

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter Geschichte, Hauptmenü, Informativ, Japan, Tradition, Untermenü1, 日本

落雁

Holzform für Rakugan.

竹鶴饅頭本舗の落雁

それは砂漠の砂のようにカラカラに乾燥しています。

竹鶴饅頭本舗では再び落雁の時期を迎えています。砂糖と落雁粉(餅米を煎ったもの)からできている落雁はスーパードライです。そしてそれは固まって日持ちするものになっています。「なぜ落雁の製作が7月と8月の間なのか」という私の質問に対して、ヨシオカ ケンイチさんは次のように答えてくれました。「私は毎年7月から8月の初めに落雁を作ります。なぜその時期なのかというと、理由はたった一つ、私たちにとっては伝統なんです。だいたいこの時期には梅雨が明け、湿度が下がります。落雁粉と砂糖からできている落雁にとって、湿度は大敵です。天気が良く乾燥していれば乾燥しているほど、落雁を乾燥させるプロセスは短くてすむのです。」
落雁はここ日本では、干菓子の大切な伝統的なお菓子の一つです。その製作の伝統は歴史が長く、変わらないままだし、材料も同じです。ただ、その材料の質においてのみ大きな差があり、落雁粉には値段の幅があります。だから質の異なる落雁製品がたくさんあります。安い落雁は砂糖のみ、または安い落雁粉を使っています。和菓子屋の手作りの落雁は質の良い落雁粉を多く使っているため、値段が高くなります。すでに言ったように、落雁はカラカラに乾燥していて、ほんの少しの湿気も含んでいません。形を作るときには、落雁の木型に手で加減しながら入れて固めます。だから、口に入れるとほどなく溶けます。落雁と、平凡な角砂糖を口の中に入れたときの感覚とを比べることは、誤りだし公平ではありません。なぜかというと、まず第一に、落雁を作るための砂糖は粉砂糖の舌触りに似ているし、かなりの量の落雁粉が含まれているからです。そして第二に、原料の選定から製品が出来上がるまでに膨大な努力がなされているからです。
さて、いったい落雁はどんな味なのでしょう?私は毎回新たに、食べた時に口の中に現れるパサパサした乾燥の感覚に驚きます。だから私はいつも日本の習慣に従って、落雁に合わせて緑茶を飲みます。落雁と緑茶の両方を一緒に楽しむことは、特別な味覚の経験です。日本人ではない人にとって、初めて食べるときに期待したようなアハ体験(美味しい!)は来ないかもしれません。しかし、そのアハ体験が来なかったとしても、またいつか落雁を試してみることを諦めないでください。というのは、この和菓子は本当に素晴らしいものだからです。

Übersetzer: Okubo 著作家

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter Essen, 食べ物, Hauptmenü, Informativ, Japan, Süßigkeiten, Tradition, 和菓子, 日本, 伝統

日本のスナック

日本のスナック

記事のドイツ語の版ここです。

ドイツ人にとってのミューズリーバーやロードオーツクッキー、ライ麦で作られた黒パンのような健康によいスナックは、言うなれば日本人にとっての、乾燥させたタコの足や、丸ごと一匹のイカ、その他乾燥させたり、つき刺したり、束ねたりした小魚のようなものだ。

時折、(乾燥されて)長持ちさせられることになった海の生き物の複数の目が、彼らが入れられた袋の中から感じの悪い、とがめるような目でこちらをじっと見つめている。

小魚はその大きさに応じて袋に詰めこまれる。

だから、そこにはこちらを絶え間なく観察するとても多くの目がある。

たいていの海のスナックは、硬くて、しなやかで丈夫なので、歯や咀嚼するための筋肉にとってはよいものだと言えるだろう。

それらは素早く簡単に食べられるスナックではない。実際、1本のタコの足を食べ終わるまでにはそこそこ時間がかかる。

これらの製品には、もちろんカルシウムのようなミネラルが豊富に含まれている。

小魚はある一定の大きさから、ヒレや内臓も全てのそのままで1つの製品になっている。 „小魚丸ごと一匹が1つのスナックなのだ“

注目に値するのは、魚の嫌な味や香りがしないということだ。

全ての製品は、それぞれまろやかで食べやすい味だ。そして、いつものように日本料理は全てかなり薄い塩味になっている。これらは急にお腹が空いたときにも、太らないためにも、そして健康的に栄養補給するためにもぴったりのものだ。

しかし、それにも関わらず、私はそれらのスナックの横に手を伸ばし、ドイツの サラミである„BIFI“の日本版を買ってしまう。

主な商品はこちら

○焼いたウルメイワシ

○乾燥させてカットしたイカ

○アーモンドと小さな乾燥イワシ

○乾燥させてカットしたイカにコショウがまぶされたもの

○ビーフジャーキー

○丸ごと乾燥させた小さなイカ

○皮が付いたまま乾燥させた北海道のサケ

Übersetzer: Okubo 著作家

Ein Kommentar

Eingeordnet unter スナック, Essen, 食べ物, Hauptmenü, Informativ, Japan, 日本

ドイツのペット事情

ドイツは街中でリスやうさぎ、アヒルなどの野鳥を多く見ることが出来ます。
それは街中に緑が多い事も勿論ですが、野良猫や野良犬が少ない事も大きな要因の1つです。

Weiterlesen

9 Kommentare

Eingeordnet unter ドイツ, 自然, Gastautor, Hauptmenü, Informativ, Natur