落雁


Holzform für Rakugan.

竹鶴饅頭本舗の落雁

それは砂漠の砂のようにカラカラに乾燥しています。

竹鶴饅頭本舗では再び落雁の時期を迎えています。日本の砂糖と米粉からできている落雁は、文字通り“粉じんのようにスーパードライ“です。それは固まっていて日持ちがするものです。「なぜ落雁の製作が7月と8月の間なのか」という私の質問に対して、ヨシオカ ケンイチさんは次のように答えてくれました。「私は毎年8月の中旬から落雁の製作を始めます。それはたった一つの簡単な理由からで、私たちにとっては伝統なんです。だいたいこの時期には梅雨が明け、湿度が下がります。大部分が米粉と砂糖からできている落雁にとって、湿度は大敵です。天気が良く乾燥していれば乾燥しているほど、落雁を乾燥させるプロセスは短くてすみます。」

落雁はここ日本では、干菓子の大切な伝統的なお菓子の一つです。その製作の伝統は歴史が長く、変わらないままだし、材料も同じです。ただ、その材料の質においてのみ大きな差があります。時が経つにつれ、日本では砂糖と米粉はますます洗練され、質の高い、値段の高い製品が開発され、そのことによって落雁に大きな差を生んでいます。だからたくさんの質が異なった落雁の製品があります。格安の落雁が7月末から2週間、どのスーパーにもたくさん置かれています。これはドイツのスーパーマーケットでのクリスマスの前売りと似ています。ここ、ヨシオカ ケンイチさんの所のような手作りの工房で作られた落雁は、スーパーマーケットのものより必ずしも値段は高くないけれど、質はより高いものです。最上級の原料だけを使った本当に高い落雁もあり、専門の小さな工房で手作りされています。すでに言ったように、落雁はカラカラに乾燥していて、ほんの少しの湿気も含んでいません。それは長い間、乾燥されるために型の中でプレスされていて、かなり固まってはいるけれど硬くはありません。平凡な角砂糖を口の中に入れたときの感覚と比べることは、誤りだし公平ではありません。なぜかというと、まず第一に、落雁を作るための砂糖は粉砂糖の舌触りに似ているし、かなりの量の米粉が含まれているからです。そして第二に、原料の選択から製品が出来上がるまでに膨大な努力がなされているからです。

さて、いったい落雁はどんな味なのでしょう?私は毎回新たに、食べた時に口の中に現れるパサパサした乾燥の感覚に驚きます。だから私はいつも日本の習慣に従って、落雁に合わせて緑地を飲みます。落雁と緑茶の両方を一緒に楽しむことは、特別な味覚の経験です。国産のものだけを使う原料は、落雁に特別で、独特な、日本の和菓子だけが持つユニークな味覚を与えています。日本人ではない人にとって、初めて食べるときに期待したアハ体験は来ないかもしれません。しかし、アハ体験が来なかったとしても、またいつか落雁を試してみることを諦めないことをお勧めします。というのは、このお菓子は本当に素晴らしいものだからです。

Übersetzer: Okubo 著作家

Hinterlasse einen Kommentar

Eingeordnet unter Essen, 食べ物, Hauptmenü, Informativ, Japan, Süßigkeiten, Tradition, 和菓子, 日本, 伝統

Kommentar verfassen

Trage deine Daten unten ein oder klicke ein Icon um dich einzuloggen:

WordPress.com-Logo

Du kommentierst mit Deinem WordPress.com-Konto. Abmelden /  Ändern )

Google+ Foto

Du kommentierst mit Deinem Google+-Konto. Abmelden /  Ändern )

Twitter-Bild

Du kommentierst mit Deinem Twitter-Konto. Abmelden /  Ändern )

Facebook-Foto

Du kommentierst mit Deinem Facebook-Konto. Abmelden /  Ändern )

w

Verbinde mit %s