ベルリン旅最後のコーヒー


今回のベルリン旅最後のコーヒーはあるチョコレート専門店に併設されているカフェでいただくことにした。ドイツの飲み物といえばビール!と言いたいところだけど、ドイツ人はコーヒーも大好きでヨーロッパの中でもコーヒー消費量の多い国だと聞いたことがあった。ということは、カフェやコーヒーに合うスイーツも充実してるということだ。だから、今回私はビールやソーセージを食べるのと同じくらい、カフェに行くことを楽しみにしていた。

Rausch Schokoladen Haus Berlin

 

わくわくしながら、そのチョコレート専門店に入った。お店は心地よいチョコの香りで満ちていて、幸せな気持ちになった。店の奥に進むと、ピカピカに磨かれたショーケースがあり、その中に美しく上品なケーキたちが並んでいた。そして、そのショーケースの向こう側には、優しく微笑む店員さんが立っていた。お互い挨拶をした後、早速聞いてみた。

„Alle sind sehr schön!! Was empfehlen Sie (denn)?“
今回、私が出会った多くのベルリーナは、とても温かく接してくれたので、私は安心して“Was empfehlen Sie?“と聞くことができた。これは結果的に“Hallo „と“Danke schön „の次によく使ったフレーズだった。
その店員さんは、少し考えた後で、「あくまで個人的な意見だけど」と強調しながら(たぶんそう言ってたと思う…)、“Ich mag…“と、自分の好きなケーキを2つ教えてくれた。そこはチョコレート専門店であるにも関わらず、店員さんが教えてくれたのは、チョコレートをたっぷり使ったものではなかった。私はそのことが面白かったし、店員さんは社交辞令ではなく、本当に自分の好きなものを教えてくれたんだ、と彼女に対してますます好感を持った。日本の店員さんだったら「1番人気は……..です。」とよく売れているものを教えてくれることが多いけれど、ドイツでは「私が好きなのは…..」と教えてくれることが多かったと思う。
でも、私はせっかくチョコレート専門店に来たのだから、チョコレートをたっぷり使ったケーキを食べたいな、と思っていた。ショーケースの中にあったいくつかのチョコレートケーキを見比べていると、その感じのいい店員さんが、それらの説明を始めた。
その説明の中で、“Herren „という単語が聞き取れた。ショーケースの中をよく見ると、あるケーキには筆記体で大きく“H“と書かれていて、ケーキの前に置かれたプレートにも“Herren ….“と書かれていた。“Für Herren? Ist das bitter?“と聞くと、店員さんは“Ja, das ist bitter Schokolade .“と笑顔で答えた。 充分ケーキを観察した後、私たちは併設されているカフェへと向かった。

なんて居心地の良さそうなカフェ。シックな内装、大きな窓。私たちが座った窓側の席には“Reserviert ab 16:45″と書かれた小さなプレートが置いてあった。そこは確かに予約したくなるステキな席だった。窓の向こうには、フランスドームとドイツドームが見え、素晴らしい眺めだ。まずメニューを見て驚いた。
ケーキの写真の横に、その名前が書かれていた。
„Schokoladen-Törtchen“ , „Tiramisu-Törtchen “ usw .
どのケーキにも“Törtchen“と書かれている。さっき見てきたあのケーキのサイズは „chen“なの?? 小さいサイズだということなの⁇ 日本人の私たちにとっては普通サイズ(または少し大きいくらい)のケーキが、ここでは小さいサイズなんだ。そして小さいサイズだということをメニューにハッキリ書かれている。「初めに言っとくけど、小さいよ」と宣言しているようで面白かった。

私たちはチョコレートがふんだんに使われた3つのケーキを頼んで2人でシェアした。3つそれぞれ違った甘さで、どれもとても美味しい。
中でも“H“と書かれたケーキ“Herren-Törtchen „はひと際甘かった。 「あれ?ビターのはずでは? 男性向けなんだよね⁇」とメニューを見返すと、きちんとケーキの説明が書かれていた。確かにビターチョコレートでコーティングされているけれど、その中身は甘いKonfitüre や Ganache などだった。そして、ドイツ人男性が甘党ではないと聞いたことがあるわけでもない。などと考えながら、美味しいケーキをいただいていると、コーヒーもすすむ。もちろんコーヒーもとびきり美味しい。早々にコーヒーを飲み干し、カフェラテを頼んだ。私たちは時間を忘れてリラックスした時を過ごした。ベルリン旅行の最終日、まだまだ行きたいところもあったけれど、カフェがあまりに居心地がよくて、気づけば2時間以上も経っていた。

 

 

Gast Autor: Kaoru

Ein Kommentar

Eingeordnet unter ドイツ, Deutschland, Essen, Gastautor, Informativ, Rahtgeber

Eine Antwort zu “ベルリン旅最後のコーヒー

  1. Tbu

    Leckere Törtchen, schönes altes Industriegebäude

    Gefällt mir

Kommentar verfassen

Trage deine Daten unten ein oder klicke ein Icon um dich einzuloggen:

WordPress.com-Logo

Du kommentierst mit Deinem WordPress.com-Konto. Abmelden / Ändern )

Twitter-Bild

Du kommentierst mit Deinem Twitter-Konto. Abmelden / Ändern )

Facebook-Foto

Du kommentierst mit Deinem Facebook-Konto. Abmelden / Ändern )

Google+ Foto

Du kommentierst mit Deinem Google+-Konto. Abmelden / Ändern )

Verbinde mit %s